手術数で見るよい病院

今日の医療を斬る - trackbacks(0) 腰博士

手術数で見るよい病院などといった本があります。はたして手術数が多いと、その手術が上手くてよいということになるのでしょうか?  

 

たしかに該当の手術をほとんど行っていない病院と比べたら、慣れている分「よい」ということにはなるでしょう。しかし「帝王切開手術の数、日本一」と書いてあったらどうでしょう。手術に慣れているのかもしれませんが、普通分娩でも良さそうなものまで帝王切開してしまっているという可能性が考えられます。 

 

私の専門でいうと、椎間板ヘルニアの手術もそうです。薬で治療すれば切らなくてもそのうちに治るものまでさっさと切ってしまえば、当然のことながら手術数は増えます。でもそれでいいの? それがよい病院なの?  

 

悪性腫瘍やガンの手術などでは、「手術数が多いと慣れていてよい病院」というのはおおむね該当するかと思います。しかしそれだって「悪性の可能性があるから切りましょう」と簡単にいうならば怪しいものです。もう少し検査して様子を見れば切らなくても済んだのかもしれないのに。しかし手遅れだと怖いからと、そこにつけこまれてすぐに手術を受けてしまう傾向は否めません。

 

整形外科で腰痛などの場合、手術しなくても痛みや痺れがとれればそれで解決です。だから私からしてみれば、手術しなくても良く出来るならばその方がよい病院です。いくら手術数が多くてもねえ・・とぼやいてしまいます。

 

別の観点からすると手術数の多い病院の中には「すぐに手術をしましょう」と簡単にいうのですが、手術した後のフォローアップができていない病院があるのが困ります。「消毒は地元でやってもらって」とか「手術はうまくいっているから、あとは近くのところで診てもらって」と手術のやりっぱなし。結果が良ければまだしも、よい結果が出なくても手術だけすれば後は興味なし。悲しいかな、そういう医師・病院がちらほら存在するのも事実です。だからこそ「手術数で見るよい病院」なんてキャッチ、私は嫌いです。


コメント・メ−ルはこちらへ  koshihakase2525@live.jp

お願い、下の四角い所をポチッと押してください。
ポチッとから始まる幸せ❤




よろしければ、もうひとつ医学ブログあります

ジェネリック攻撃

今日の医療を斬る - trackbacks(0) 腰博士

どうやら歯肉炎を起こしたようで、歯科医院に行ってきました。そこで抗生剤をもらい、調剤薬局へ。順番を待ちながら辺りを見回すと、

出ました!!

そして、会計の時には

総額960円の支払いで、ジェネリックにすると117円安くなるということ。でも高々100円少々ケチったところで、菌に対して効かなかったら、たまったものではありません。

 

ジェネリックはあくまでもコピー商品。主成分が先発品と同じと言っても先発品に勝ることはなく、良くて同等、悪くすると効果が落ちます。ずっと飲む薬ならまだしも、ここ1週間の勝負ならば、間違いなく効く方に投資したいですね。ちなみに今日あたり、薬が効いて調子良いです。


コメント・メ−ルはこちらへ  koshihakase2525@live.jp

お願い、下の四角い所をポチッと押してください。
ポチッとから始まる幸せ❤




よろしければ、もうひとつ医学ブログあります

腰の痛い人が読む本

今日の医療を斬る - trackbacks(0) 腰博士

久しぶりに本を出します。(12月29日発売:780円)

題して、「腰の痛い人が読む本」

内容はタイトルのまんまです。

よろしくお願いします。

なお、クリニックでも販売します。


コメント・メ−ルはこちらへ  koshihakase2525@live.jp

お願い、下の四角い所をポチッと押してください。
ポチッとから始まる幸せ❤




よろしければ、もうひとつ医学ブログあります

算数の発展型

今日の医療を斬る - trackbacks(0) 腰博士

最近カードローンの過払い金に関するCMをよく耳にします。そして100万戻ってきたとか、150万戻ってきたとか・・本当かなあと思います。それにしても、なぜここまで過払い金のCMが多いのでしょうか。

 

調べてみるとどうやら現在が「過払い金返還バブル状態」なのだそうです。仕事を探す弁護士さんが「過払い金」をチェックして回収し、その回収額の一部を手数料としてもらうやり方。仮に過払い金があったとしても個人がカード会社に交渉しても断られるだけで、その点、プロの弁護士が交渉すると仕方なく返還されるというもの。私どもの医療業界で「医は算術」と皮肉を言われることもあるのですが、やっぱり「算術」抜きでは経営が成り立たないのはどこの業界も同じなのでしょうね。


コメント・メ−ルはこちらへ  koshihakase2525@live.jp

お願い、下の四角い所をポチッと押してください。
ポチッとから始まる幸せ❤




よろしければ、もうひとつ医学ブログあります

絶対に読まないで欲しい本

今日の医療を斬る - trackbacks(0) 腰博士

おそらくウソが書いてあるんだろうなと思いながらも、あえて釣られて買ってみました。

患者には処方するが、医者が患者になった時には飲まない。そんな薬はありません。手術も病気の時期とか適応がありますから、医者が受けない手術なんて基本的にありません。内容の半分は否定しません(合っています)が、半分は間違っています。

 

例えば「風邪に抗生物質は意味のない誤処方」これは一見その通りです。でも風邪だか肺炎だか見分けがつかないときだってあるのです。もし肺炎だったときに抗生物質を飲まないで我慢していたらどんどん悪くなります。風邪かもしれないけれど、もし肺炎だったら困るから抗生物質を飲んでおこう、そういう場合だって多々あるのです。実際に培養検査で菌が出ているのを確かめてから抗生物質を使う、それが理想ではあるのですが、菌が出るまでに時間がかかるのでそんなことしていたら手遅れです。

 

私の専門である整形外科の骨粗鬆の薬については、「活性型ビタミンD製剤は食欲が低下するのでいけない」これは完全なインチキです。飲んで食欲が低下する人もいないわけではないでしょうが、わずかです。それよりもメインの骨粗鬆治療薬と活性型ビタミンD製剤を合わせて飲むほうが、骨粗鬆治療薬を単独で飲むよりも薬の効果が高くなるのです。さらに「ビス系の骨粗鬆治療薬は顎の骨の壊死が報告されています」というのも昔の話で、今はビス系の骨粗鬆治療薬を飲んだから副作用で顎の骨の壊死が起こるのではなく、歯の治療中に感染したから顎の骨の壊死が起こり、ビス系の骨粗鬆治療薬を飲んでいると治りにくいというのが本当なのです。

 

「命を縮める無用ながん手術」というのも半分はウソです。末期の人に手術し過ぎてはいけないのは本当ですが、手術の適応がある人を放っておいて手術しなかったら明らかに進行してしまいます。がんに対する手術がすべて無用なわけではないのです。

 

一応、記事はすべて医者が書いていることになっていますが、おそらくあえて薬や手術の副作用だけを誇張するように編集されたものだと思います。実に腹立たしい。絶対に買わないでね。


コメント・メ−ルはこちらへ  koshihakase2525@live.jp

お願い、下の四角い所をポチッと押してください。
ポチッとから始まる幸せ❤




よろしければ、もうひとつ医学ブログあります

他人事じゃないですよ

今日の医療を斬る - trackbacks(0) 腰博士

先日、理学療法士の学会プログラムを眺めていた(日本運動器理学療法学会学術集会)。そうしたら九州の施設から面白い発表が・・・

 

日本整形外科学会は、運動器の障害により移動機能に低下をきたした状態をロコモティブシンドローム(ロコモ)と定義した。ロコモが進行すると 介護が必要になるリスクが高くなることから、老年期のみならず早期のロコモ発見の重要性が唱えられている。ロコモというのは年寄りに特有の現象で、若年者には縁がないのだろうかと疑問を持ち10−40代の521名(かなり多い!!)を対象にロコモ度テストを行ったという。そうしたら、移動機能の低下が始まっている状態(ロコモ度1 )と移動機能の低下が進行した状態(ロコモ度 2 )を合わせると、115名(22.1%)が該当したという。10代で13.3%、20代で20.9%もいたというから驚きですね。やっぱりもっと体を動かさないとダメですね。来春オープンする私の脊椎クリニックでは、興味を持って体を動かす習慣を身につけられるよう指導させていただきます。


コメント・メ−ルはこちらへ  koshihakase2525@live.jp

お願い、下の四角い所をポチッと押してください。
ポチッとから始まる幸せ❤




よろしければ、もうひとつ医学ブログあります

わざと書いてんのかな

今日の医療を斬る - trackbacks(0) 腰博士

昨日の件、おわかり頂けました??

 

 

医師の資格すら持たない偽医者の診療での事故と誤解されかねませんね。報道のあり方が問題ですよねぇ!興味本位で誰かを悪者にする報道は偏向だと思います。

 

資格のない医師が処置したから亡くなったと書かれたら誰でも、この医師が悪いと思いますよね。書いた記者も「資格のない医師が担当した」イコール「医者の医療ミス(しかも故意)」って勝手な判断で書いたんだと思います。

 

何故にちゃんとした病院で無免許医師が手術するとかあり得るのだろうか?と思ってた。

 

医療従事者ならまだしも一般の方にはそのように取られかねない報道の内容ですよね。意図的にそのように表現しているのなら憤りを感じますし、充分理解していないか表現力不足からくるものであれば情けないです。

 


コメント・メ−ルはこちらへ  koshihakase2525@live.jp

お願い、下の四角い所をポチッと押してください。
ポチッとから始まる幸せ❤




よろしければ、もうひとつ医学ブログあります

報道優先の怖さ

今日の医療を斬る - trackbacks(0) 腰博士

東京・武蔵野市の産婦人科病院で、中絶手術を受けた女性が手術の6日後に亡くなった。遺族は中絶手術を行う指定を受けていない医師が手術を行ったとして、この医師を警視庁に刑事告発した。

 

医者の教育の段階で、指定を受けていない医師が指定を受けるためには、経験を積まなければならない。すなわち指定を受けていない医師は指定を受けている医師の指導の元で人工妊娠中絶手術を行っているはずです。これは当たり前のこと。その状況下で事故が起こった?

 

もう一つは、手術と死亡との因果関係がわかっていないこと。それなのに刑事告発されたり、Yahoo ニュースに載ったりする。同級生の産婦人科医に言わせると「今回の手術で女性がうっ血性心不全になったとは考えづらいです。こんなことじゃ我々医師はどんどん萎縮していってしまいます。」なんとかならないものでしょうかね?


コメント・メ−ルはこちらへ  koshihakase2525@live.jp
お願い、下の四角い所をポチッと押してください。
ポチッとから始まる幸せ❤




よろしければ、もうひとつ医学ブログあります

医師に限り半額

今日の医療を斬る - trackbacks(0) 腰博士

ラ◯ザップは、ある会社を通すと医師に限り半額。その医師に体験してもらって、今度は医院と手を組んでメタボの患者を獲得しようとしているようです。メタボが治せない医師に変わっての世直しとは情けない。厚労省の統計によると、この10年で肥満者の割合は不動で変化ありません。体型を変えるのは薬では無理ですから、本人の強い意志が必要になります。そのために大枚を払うというのは良いモチベーションになりますが、なんだか違うような。連携と謳いながらも医者が第3次産業に利用されています。

 


コメント・メ−ルはこちらへ  koshihakase2525@live.jp

お願い、下の四角い所をポチッと押してください。
ポチッとから始まる幸せ❤




よろしければ、もうひとつ医学ブログあります

湿布の保険適応

今日の医療を斬る - trackbacks(0) 腰博士

医療機関で湿布の処方される量が半端ないという。年間およそ54億5千万枚で、おおよそ1300億円という試算がある。

 

そのため今年から一回の受診で処方できる湿布の量は最大でも10袋(70枚)までと決まった。湿布をこれだけたくさん使う風習、もしくは公費補助がある(一部にせよ湿布の購入に健康保険が効く)というのは、世界的にも珍しいらしい。医療費がかさむので今後は湿布はどんどん削減される方向へ。まあ、悪くはないが、困る人もたくさん。もしかすると一番困るのは医者かもしれない。打撲や捻挫で「湿布、出しときますね」って言えなくなるから。


コメント・メ−ルはこちらへ  koshihakase2525@live.jp

お願い、下の四角い所をポチッと押してください。
ポチッとから始まる幸せ❤




よろしければ、もうひとつ医学ブログあります

無料ブログ作成サービス JUGEM