冬の節電と電力計画

雑感 - trackbacks(0) 腰博士
今朝も寒いですね。土の部分は3センチ程の霜柱が立っていました。この寒さで今度は冬の電力不足とかでまた節電が叫ばれています。夏の時ほどじゃないけれど、こんな事も分かっていたはず。決して想定外ではないでしょう。どうして手を打たなかったのか? 

原子力発電は安全ではないと分かった今、直ちにすべての操業をやめるのか、段階的に稼働を減らしていくのか、それを暫定的でもいいから指針を決めて実行しないからこういう事になる。そして切羽詰まれば、個人や企業に節電を強制する事態だってあり得る。どこかの市役所の「すぐやる課」というのが有名ですが、大事な事は先送りしないで期限付きでもいいから直ちに着手しないと。 

大事な事だから・・じっくり考えて意見を聞いて、よく調べてなんてやっているから結局は何も出来ない。もしくはただ単に先送りにして(面倒くさいから)決める意志がない。多くの議員とか役人とかは、言葉遊びだけで真剣味がないのに憤りを覚えます。その点では中小企業の社長さんとかは、生活がかかっているからそういう臨時での対応も早いんだろうな、きっと。人間は誰でも尻に火がつかないとダメなんでしょうかね? 

コメント・メ−ルはこちらへ  koshihakase2525@live.jp

お願い、下の四角い所をポチポチ押してみてください。
あなたにもきっといいことがありますように私が祈ります。

最近10位あたりウロウロ、ありがとうございます。

ダントツ1位!!今後もよろしくお願いします。
ビジネスブログランキング

よろしければ、もうひとつ医学ブログあります
トラックバック

この記事のトラックバックURL

無料ブログ作成サービス JUGEM