困った事件

今日の医療を斬る - trackbacks(0) 腰博士
整形外科の腰部脊柱管狭窄症の手術で患者さんの大腸に穴が開き、お亡くなりになったとニュースになっている。その続報があって、同じ日にもう一人別の患者さんも大腸に穴が開き手当てを受けたという。執刀医は同じ医師。どう考えてもその執刀医が未熟で下手だったとしか言いようがありません。ちなみにこの手術は横腹から切開して脊椎を固定する固定手術で、内視鏡手術ではありません。この事件のために腰部脊柱管狭窄症で手術を受ける患者さんが不安になっていて、困った事件です。

コメント・メ−ルはこちらへ  koshihakase2525@live.jp

お願い、下の四角い所をポチッと押してください。
ポチッとから始まる幸せ❤




よろしければ、もうひとつ医学ブログあります
トラックバック

この記事のトラックバックURL

無料ブログ作成サービス JUGEM