報道優先の怖さ

今日の医療を斬る - trackbacks(0) 腰博士

東京・武蔵野市の産婦人科病院で、中絶手術を受けた女性が手術の6日後に亡くなった。遺族は中絶手術を行う指定を受けていない医師が手術を行ったとして、この医師を警視庁に刑事告発した。

 

医者の教育の段階で、指定を受けていない医師が指定を受けるためには、経験を積まなければならない。すなわち指定を受けていない医師は指定を受けている医師の指導の元で人工妊娠中絶手術を行っているはずです。これは当たり前のこと。その状況下で事故が起こった?

 

もう一つは、手術と死亡との因果関係がわかっていないこと。それなのに刑事告発されたり、Yahoo ニュースに載ったりする。同級生の産婦人科医に言わせると「今回の手術で女性がうっ血性心不全になったとは考えづらいです。こんなことじゃ我々医師はどんどん萎縮していってしまいます。」なんとかならないものでしょうかね?


コメント・メ−ルはこちらへ  koshihakase2525@live.jp
お願い、下の四角い所をポチッと押してください。
ポチッとから始まる幸せ❤




よろしければ、もうひとつ医学ブログあります

トラックバック

この記事のトラックバックURL

無料ブログ作成サービス JUGEM