ドーピング問題

雑感 - trackbacks(0) 腰博士

日本卓球協会ドーピングコントロール委員会は今年より「南天」入りのど飴の使用を禁止しました。「ヒゲナミン」という成分がいけないようです。ところがこの情報を見て、「龍角散のど飴」に南天が含まれると勘違いしてしまった人がSNSに投稿し、誤情報が大きく広がる事態に。実際、「龍角散のど飴」にはヒゲナミンは一切含まれていないためドーピングには当たらないそうです。それなのに・・・

 

トップアスリートにとってドーピングは切実な問題です。テニス選手のシャラポワさんが、以前「禁止物質と知らないで服用した」と言ってもその言い訳は認められず、一定期間の資格停止処分を受けています。それくらいに切実です。ドーピング物質に神経を尖らすのは当然のこととしても、誤情報が広がるのも看過できません。ちなみに「浅田飴」はエフェドリン(麻黄)という禁止物質を含むため、以前から選手の服用は不可となっています。(普通の人はそこまで知らないよなあ・・)野放しはいけないし、縛りすぎもいけないし、線引きが難しそう。


コメント・メ−ルはこちらへ  koshihakase2525@live.jp

お願い、下の四角い所をポチッと押してください。
ポチッとから始まる幸せ❤




よろしければ、もうひとつ医学ブログあります

トラックバック

この記事のトラックバックURL

無料ブログ作成サービス JUGEM