優先席付近の携帯電話

日常のひとコマ - trackbacks(0) 腰博士

電車に乗るとたまたまシルバーシートの近くだった。そこだけつり革の色が変わっている。そうだ確か以前は「優先席付近では携帯電話の電源をお切りください」だったよな・・

 

ペースメーカーを入れている人自身が携帯電話を持ち、普通に通話しているのになんで電源を切らなくてはいけないのだろう。実際に実験で17cm以上離せば大丈夫と以前から実験データが公になっていた。さらには総務省が2015年に「携帯電話とペースメーカーは15cm以上離せばまず問題ない、誤作動が起きるのは3cm以内になったとき」と公表した。それでも鉄道各社は(何か起きて)責任問題になることを怖がっていつまでも「優先席付近では携帯電話の電源をお切りください」だったはずだ。今でもそうかな?

おっ、いつの間に変わっていた。

「この付近では混雑時には携帯電話の電源をお切りください」

それでも混雑時の制限付き、でもまあ進歩か・・


コメント・メ−ルはこちらへ  koshihakase2525@live.jp

お願い、下の四角い所をポチッと押してください。
ポチッとから始まる幸せ❤




よろしければ、もうひとつ医学ブログあります

トラックバック

この記事のトラックバックURL

無料ブログ作成サービス JUGEM